しまだより

2022.07.06
グルメ

むかしの時代へタイムスリップ 絶品十割お蕎麦を

# 羽茂大﨑 # 蕎麦 # 田舎暮らし # 観光
from:
  • Twitter
  • Instagram

佐渡は知られざる蕎麦どころ。

佐渡の蕎麦料理は、地元産の蕎麦粉100%を使った十割蕎麦、あご(トビウオ)の干物を

使ったあご出汁です。いわゆるぶっかけ蕎麦で、スッキリしてコクがあるお出汁は飲み干せます。

 

数ある蕎麦店の中でもオススメは、佐渡南部・羽茂大崎にあるそば処「ちょぼくり」。

お客さんから注文が入ってから打ち始める手打ちお蕎麦と、地元の野菜を使った旬のおかずは、

むかしから佐渡に伝わる食文化そのまま。

使っている蕎麦粉は、羽茂大崎近辺で収穫された蕎麦の実を、茂にある製粉所・大関さんが

挽いています。


 

店内には民芸品なども飾られていて、地元の方が集まるお休みどころにもなっています。

古民家を改修した店内や、山々に囲まれた田んぼの広がる里山の風景を見ながら、

時が止まったような時間を過ごしてみては?



 

ちょぼくり

952-0502 新潟県佐渡市羽茂大崎1566-3

火・水定休

営業時間11:0015:00ごろ(蕎麦が売り切れ次第終了)

電話:0259-88-3227*電話での予約推奨



from:

佐渡の山奥でコーヒー焙煎所オケサドコーヒーをやっています。焙煎所お隣の里山カフェ山里で週末にコーヒーを淹れています。

この記事のタグ

  • # 羽茂大﨑
  • # 蕎麦
  • # 田舎暮らし
  • # 観光

この記事をシェアする

  • さどっさりストーリーはこちら
  • 商品一覧はこちら
エリア
    タグ
    ページトップへ