しまだより

2022.01.23
ライフ

1年のはじまり 焚き火とともに無病息災を願って

# 田舎暮らし # 冬 # 日常
from:
  • Twitter
  • Instagram

佐渡では古くから伝わる風習や文化が今もなお続いています。

毎年、旧正月に行われるのが「とうど」「どんどん焼き」と呼ばれる行事です。新潟では「さいのかみ」、関西では「左義長」と呼ばれています。佐渡では基本的に1月15日に行われますが、地域によってはその前の週末に行うところもあるようです。

 

松などの燃えやすい木を藁などで束ね、お正月に飾ったしめ飾りや、去年1年間使われたしめ縄や紙垂など、地域の神社行事で使われたものが火にくべられます。幟を立てるなど、さまざまな飾り付けをする地域もあるようです。私の住む地域で行われるのは「とうど」で、小さな地域ごと(神社の氏子の集まりごと)に行われるので、同じ地区内でもあちこちでとうどの火が焚かれ、山の間から煙が上ります。


いわゆる焚き火や野焼きは禁止されていますが、とうどは古くから続けられている集落の無病息災を願う宗教行事にあたり、特別に許可されています。もちろん消火や安全には十分配慮のうえ行なっていて、場所も周囲に引火しにくい田んぼの畦や、川や海の近くで行われます。参加者の中に地域の消防団員がいることも少なくありません。まず都会では目にすることのないダイナミックな火の勢いに、驚かれる通りがかりの方もいるかも知れません。

 

とうどではお神酒がふるまわれ、中にはスルメや魚を持参して火で炙って肴にする人もいるとか。燃えて炭になった木や竹は持ち帰り、家のすみに立てかけると厄除けになるとされています。ちなみに北欧では、真夏の夏至の日(ユハンヌス)に、とうどと同じような篝り火(フィンランドでは「コッコ」と呼ばれます)が焚かれるそうです。フィンランドのコッコでは、古くなった木の舟を燃やすとか。

 

冬至が過ぎて旧正月が終わると、あとは新年の春を迎えるだけ。寒さや雪はもう少し続きますが、佐渡の人にとってとうどは1年の始まりと折ふしを祝い、春を迎える大事な風習です。

 

※地域ごとに場所や日時は異なります。大きなとうど・どんどん焼きは通りすがりで立ち寄って見学する方も多いです。


from:

佐渡の山奥でコーヒー焙煎所オケサドコーヒーをやっています。焙煎所お隣の里山カフェ山里で週末にコーヒーを淹れています。

この記事のタグ

  • # 田舎暮らし
  • # 冬
  • # 日常

この記事をシェアする

  • さどっさりストーリーはこちら
  • 商品一覧はこちら
エリア
    タグ
    ページトップへ