しまだより

2021.11.22
ライフ

手ひとつで生み出される佐渡の伝統工芸 藁細工と締張馬

# 羽茂大崎 # 伝統工芸 # 藁細工
from:
  • Twitter
  • Instagram

佐渡は米どころで、島中あちこちに田んぼがあります。稲が実ってお米として収穫された後の藁も、昔は草履や蓑笠など、身近な日用品に使われてきました。藁細工の技術は、農家に代々伝わる技術のひとつでした。いまは受け継ぐ人も少なくなりましたが、私の住む羽茂大崎の中でも山深い締張地域には、藁細工職人の方もまだおられます。


 

ご高齢のご夫妻の手先と藁だけで、いろんな細工が作り出されます。締張地域の守り神である締張馬を飾った注連飾りは、悪い魔が入ってこないように締張地域とよその地域の境に吊るされています。


 

小さな注連飾りは、家々の軒先に吊るされます。ひとつ一つが手作りで毎年架け替えられて、古くなったものは毎年1月15日に地域ごとに催される「とうど」(どんどん焼き)に焼べられます。


 

かつては日本各地でこのような伝統工芸や風習があったのですが、今はごく限られた僻地のような場所にしか伝わっていません。自然と生活と人の一生を繋げる大切な儀式だな…と今も感じます。

 

佐渡には、都市部にはもう残っていない伝統や歴史、たくさんの物事が、今もなお伝わり残っています。ぜひ昔の日本と出会いに、佐渡へ来てください。


大崎・締張地域

佐渡南部の町・羽茂から車で30分ほど山に入ったところにある小さな地域です。数世帯の農家さんが、昔ながらの暮らしをされています。藁細工は大崎の大滝楽舎などで販売しています。


 

from:

佐渡の山奥でコーヒー焙煎所オケサドコーヒーをやっています。焙煎所お隣の里山カフェ山里で週末にコーヒーを淹れています。

この記事のタグ

  • # 羽茂大崎
  • # 伝統工芸
  • # 藁細工

この記事をシェアする

  • さどっさりストーリーはこちら
  • 商品一覧はこちら
エリア
    タグ
    ページトップへ