しまだより

2021.11.05
ライフ

佐渡の山里で昔スタイルの稲刈り体験

# 稲刈り # 田舎暮らし
from:
  • Twitter
  • Instagram

今年も新米の季節がやってきました。私が住んでいる佐渡の里山には、米どころ新潟でも少なくなった棚田や、いまではかなり珍しい手植え・手刈り・はざかけなど、古い米づくりの文化・スタイルがまだまだ残っています。


 戦前や大正・明治の時代に使われていた農作業着も残っているので、100年前と変わらない米づくりを体験できたりします。

 

刈り取った稲穂は、「はざ」にかけて乾燥(脱穀のための水分調整)を行います。新潟でもほとんど見られなくなった、昔ながらのやり方です。


自分たちで植えた稲を自分たちで刈り取り、手をかけて食べる新米の味は格別です。手作りしたお米は里山カフェ山里のランチメニューで使っているので、ぜひ食べに来てくださいね。

 

*手植えや手刈りなどの農業体験は、地元農家さんや施設などで行っている場合があります。



from:

佐渡の山奥でコーヒー焙煎所オケサドコーヒーをやっています。焙煎所お隣の里山カフェ山里で週末にコーヒーを淹れています。

この記事のタグ

  • # 稲刈り
  • # 田舎暮らし

この記事をシェアする

  • さどっさりストーリーはこちら
  • 商品一覧はこちら
エリア
    タグ
    ページトップへ