さどっさりストーリー

一夜干いか 天日干し

  • Twitter
  • Instagram
さまざまな魚介が豊富に獲れる佐渡島。なかでもイカは姫津漁港を筆頭に一年を通して、多く水揚げされ、佐渡の人たちの日常食として親しまれています。6~7月の夜、集魚灯を灯したイカ釣り船が水平線に並んで見える光景は、その時期ならではの佐渡の風物詩です。そして、ちょうどその頃に旬を迎えるのがスルメイカです。

佐渡市沢根にて水産加工品の製造・販売を行う須田嘉助商店。『一夜干いか 天日干し』は、今も昔も変わらぬ製法で、佐渡みやげのスタンダードとして多くの人に愛されています。



「ウリと言えるのかは分からないけれど、機械を使わずに完全に天日干しで作っています。加工場は真野湾に面した場所にあって海からのいい風が当たるんです。佐渡にのぼるお日さまと、海風だけで乾燥させるので、身が薄くならないし、焼いた時にふっくらとした食感になるんです」(須田嘉助商店 須田さん・上写真)。



その名の通り、イカを一定の時間塩水に浸けてから干すというシンプルな工程になるわけですが、季節によって干す時間を変えるなど、スタッフの長年の経験と勘が大切な作業であり、それがそのままうまさに直結します。「小ぶりだけれど、身が柔らかくてうまみが強い。それが佐渡のイカだよ」と姫津でイカを釣る漁師さんが話していたことを思い出します。



軽く炙って、佐渡の地酒をパートナーにそのまま食べるのが、何より正解。ですが、天ぷらにしたり、いろんな野菜と一緒に炒めたりしてもおいしくいただくことができます。



「繰り返しになるけれど、機械を使わずに天日干しにこだわった、うちならではの味を楽しんでもらえたらと思います。佐渡で獲れたイカとお日さまと海風――自然の恵みそのままの味を、これからも届けたいと思っています」(須田嘉助商店 須田さん)。

商品購入はこちらから

  • これを食べれば佐渡が伝わる 加工品6点セット(冷凍)

    6,500円

この記事をシェアする

  • さどっさりストーリーはこちら
  • 商品一覧はこちら
カートに追加しました。
カートへ進む
ページトップへ